バナー
本文へジャンプ アクセス解析 

 

<x:out>タグ


XPath式で指定した値を出力する。

<x:out select="$xml/shop/fruits[1]/@id">


[PR] データが語るエンジニアの給与動向/Tech総研byリクルート
[PR] 国内最大級のエンジニア派遣サービスのお仕事情報サイトとは?
[PR] 雨が降る2、3時間前にお知らせメールが届く!月形半平太メール
属性
  • select
評価するXPathの式を指定する。
  • escapeXml
trueをセットした場合、XMLの予約文字(<、>、&、'、")はエスケープされた状態で出力される。デフォルトはtrue
※属性名が赤色のものは必須項目です。

html変換後

以下は、<x:parse>タグにXMLを指定し、解析する。
解析結果が代入された変数xmlの中からXPath式を評価し、内容を出力する。

<x:parse var="xml">
 <shop>
  <fruits id="0001" price="100">みかん</fruits>
  <fruits id="0002" price="200">りんご</fruits>
  <fruits id="0003" price="1000">すいか</fruits>
 </shop>
</x:parse>

<x:out select="$xml/shop/fruits[1]/@id"><br>
<x:out select="$xml/shop/fruits[1]/@price"><br>
<x:out select="$xml/shop/fruits[1]/text()">

(htmlコード)
0001
100
みかん



[PR] 【LEC】資格取得!合格への第一歩!
[PR] 無印良品から、新しい暮らし方の提案
[PR] 写真を使った新感覚コミュニティ<無料>


リンクについて - お問い合わせ
Copyright (c) 2006 PoiPoi-Project +Team60% All rights reserved.


JSP標準アクション
アクションタグ
クイックリンク
Strutsタグライブラリ
beanライブラリ
htmlライブラリ
sqlライブラリ
xmlライブラリ
JSTLタグライブラリ
coreライブラリ
sqlライブラリ
xmlライブラリ