バナー
本文へジャンプ アクセス解析 

 

<logic:redirect>タグ


指定したパスへリダイレクトする。

<logic:redirect action="/next" />
属性
  • action
アクション名を指定する。(Struts-config.xmlの<action>のpath属性で指定されているパス名)
  • anchor
生成されたリンクに付与するアンカータグ(#XXXのXXX)
  • foward
Struts-config.xmlの<foward>のname属性で指定されているパス名を指定する。
  • href
相対・絶対パスでリンク先を指定する。
指定したパスはそのままhref属性にて出力される。
  • name
trueを指定した場合、フレームのサイズ変更が不可。
(デフォルトfalse)
  • page
モジュールの相対パスでリンク先を指定する。
指定したパスは「コンテキスト名+page属性のパス名」となる。
  • paramId
単一のクエリ文字列(?param1=value)を付加する場合、リンク先に渡すパラメータ名を指定する。
  • paramName
単一のクエリ文字列(?param1=value)を付加する場合、利用するBean名を指定する。
  • paramProperty
単一のクエリ文字列(?param1=value)を付加する場合、利用するBeanのプロパティ名を指定する。
  • paramScope
単一のクエリ文字列(?param1=value)を付加する場合のBeanのスコープを指定する。
  • property
複数のクエリ文字列(?param1=value&param2=value)を付加する場合、利用するBeanのプロパティ名を指定する。
  • scope
複数のクエリ文字列(?param1=value&param2=value)を付加する場合のBeanのスコープを指定する。
  • transaction
yesを指定した場合、TransactionTokenが有効となる。
※logic:redirectを利用して定義する場合以下のいづれかの属性を選択すること。
(a)action属性
(b)href属性
(c)foward属性
(d)page属性


使用例

指定したパスへリダイレクトする。
以下はStruts-config.xmlの<action>のpath属性を参照し、リダイレクトしている。

<logic:redirect action="/next" />


備考

forwardとredirectの違い
iforward・・・サーバにて処理を転送し、クライアントにページを返す。
redirect・・・クライアントに指定パスへの要求(redirect処理)をし、サーバはクライアントにページを返す。

redirect処理時に別リクエストを発行するため、情報引継ぎができない。



リンクについて - お問い合わせ
Copyright (c) 2006 PoiPoi-Project +Team60% All rights reserved.


JSP標準アクション
アクションタグ
クイックリンク
Strutsタグライブラリ
beanライブラリ
htmlライブラリ
logicライブラリ
nestedライブラリ
JSTLタグライブラリ
coreライブラリ
sqlライブラリ
xmlライブラリ