バナー
本文へジャンプ アクセス解析 

 

<jsp:include>タグ


指定したファイルの処理を実行し、結果を表示する。

<jsp:include page="/send.jsp" />


[PR] データが語るエンジニアの給与動向/Tech総研byリクルート
[PR] 国内最大級のエンジニア派遣サービスのお仕事情報サイトとは?
[PR] 雨が降る2、3時間前にお知らせメールが届く!月形半平太メール
属性
  • page
転送先のファイルを相対パスで指定する。
  • flush
バッファをフラッシュするか指定する。デフォルトfalse
※属性名が赤色のものは必須項目です。


使用例

@ファイルをインクルードする。
以下はsend.jspを実行し、結果を表示する。

<jsp:include page="/send.jsp" />

(send.jspファイル)
送信しました。

(htmlコード)
送信しました。


Aパラメータ付きファイルをインクルードする。
<jsp:include>タグのボディ部に<jsp:param>タグを利用することで指定したファイルにパラメータを転送することができる。

<jsp:include page="/send.jsp" >
  <jsp:param name="userName" value="hoge" />
<jsp:include/>


備考

@includeとforwardの違い
include・・・転送先のプログラムを実行した後、処理が転送元に戻る。
forward・・・転送先に処理が完全に移行し、処理が転送元に戻らない。
よって<jsp:include>タグを利用した場合、指定したファイルの処理の実行後、プログラムの続きを実行する。



[PR] 【LEC】資格取得!合格への第一歩!
[PR] 無印良品から、新しい暮らし方の提案
[PR] 写真を使った新感覚コミュニティ<無料>


リンクについて - お問い合わせ
Copyright (c) 2006 PoiPoi-Project +Team60% All rights reserved.


JSP標準アクション
アクションタグ
クイックリンク
Strutsタグライブラリ
beanライブラリ
htmlライブラリ
logicライブラリ
nestedライブラリ
JSTLタグライブラリ
coreライブラリ
sqlライブラリ
xmlライブラリ