バナー
本文へジャンプ アクセス解析 

 

<html:text>タグ


<input type="text">タグを生成する。

<html:text property="name"/>
属性
  • property
Beanのプロパティ名を指定する。
  • accesskey
フォーカスを移動させるキー名を指定する。
(操作方法はブラウザに依存する。)
  • alt
代替テキストを指定する。
  • altKey
代替テキストをメッセージリソースキーから指定する。
  • bundle
MessageResourcesオブジェクトが利用するコンテキスト属性キー。
  • disabled
trueをセットした場合、入力フィールドを不可にする。
  • indexed
trueをセットした場合、logic:iterateタグを用いて配列を利用する。
  • maxlength
入力できる最大文字数を指定する。
  • name
利用したいメッセージキーが格納されているBean名を指定する。
  • onblur
フォーカスを失った時、呼び出されるイベントハンドラ
  • onchange
submitボタンからマウスポインタが離れたかつ、値に変更があった場合、呼び出されるイベントハンドラ
  • onclick
クリックされた場合、呼び出されるイベントハンドラ
  • ondblclick
ダブルクリックされた場合、呼び出されるイベントハンドラ
  • onfocus
フォーカスを得た時、呼び出されるイベントハンドラ
  • onkeydown
キーが押された時、呼び出されるイベントハンドラ
  • onkeypress
キーがしばらく押された時、呼び出されるイベントハンドラ
  • onkeyup
押されたキーが離された時、呼び出されるイベントハンドラ
  • onmousedown
マウスボタンが押された時、呼び出されるイベントハンドラ
  • onmousemove
マウスカーソルが移動した時、呼び出されるイベントハンドラ
  • onmouseout
マウスカーソルがオブジェクトの上から離れた時、呼び出されるイベントハンドラ
  • onmouseover
マウスカーソルがそのオブジェクトの上に乗ったとき時、呼び出されるイベントハンドラ
  • onmouseup
マウスボタンが離された時、呼び出されるイベントハンドラ
  • readonly
trueをセットした場合、入力コンポーネントを読み取り専用にする。
  • size
入力フィールドの横幅を指定する。
  • style
CSSスタイルを指定する。
  • styleClass
CSSスタイルシートクラスを指定する。
  • styleId
識別子を指定する。
  • tabindex
タブキーで表示される順序を指定する。
  • title
タイトルを指定する。
  • titleKey
タイトルをメッセージリソースキーから指定する。
  • value
フィールドの初期値を指定する。
※属性名が赤色のものは必須項目です。

html変換後
<html:text>タグはproperty属性を指定することでBeanのpropertyと対応させることができる。また、value値を設定することで初期値の指定も可能である。
以下は初期値の優先度である。
@value属性を指定している。
Avalue属性がなく、name属性が指定されている場合、Beanのpropertyとなる。
Bvalue属性、name属性がない場合、フォームのBeanのpropertyとなる。

今回はBeanのproperty属性「name」に「太郎」が保持されている場合。
<html:text property="name"/>

(htmlコード)
<input type="text" value="太郎">
(イメージ)



リンクについて - お問い合わせ
Copyright (c) 2006 PoiPoi-Project +Team60% All rights reserved.


JSP標準アクション
アクションタグ
クイックリンク
Strutsタグライブラリ
beanライブラリ
htmlライブラリ
logicライブラリ
nestedライブラリ
JSTLタグライブラリ
coreライブラリ
sqlライブラリ
xmlライブラリ