バナー
本文へジャンプ アクセス解析 

 

<html:option>タグ


<option>タグを生成する。

<html:option value="true">
属性
  • value
送信される内容を指定する。
  • bundle
MessageResourcesオブジェクトが利用するコンテキスト属性キー。
  • disable
trueをセットした場合、入力値を無効にする。
  • key
利用したいメッセージキーを指定する。
  • locale
trueをセットした場合、logic:iterateタグを用いて配列を利用する。
  • style
CSSスタイルを指定する。
  • styleClass
CSSスタイルシートクラスを指定する。
  • styleId
識別子を指定する。
※属性名が赤色のものは必須項目です。

html変換後
<html:option>と<option>の違いは、カスタムタグの評価をするかしないかである。
<html:option>タグで特殊な属性を指定しない場合、<option>を出力するだけなので<option>タグと書くのと相違ない。
※ただし、<html:option>タグはvalue属性を省略することはできない。
<html:select property="choice"/>
 <html:option value="true">はい</html:option>
 <html:option value="false">いいえ</html:option> </html:select>


(htmlコード)
<select name="choice"/>
 <option value="true">はい</option>
 <option value="false">いいえ<option>
</select>
(イメージ)



リンクについて - お問い合わせ
Copyright (c) 2006 PoiPoi-Project +Team60% All rights reserved.


JSP標準アクション
アクションタグ
クイックリンク
Strutsタグライブラリ
beanライブラリ
htmlライブラリ
logicライブラリ
nestedライブラリ
JSTLタグライブラリ
coreライブラリ
sqlライブラリ
xmlライブラリ