バナー
本文へジャンプ アクセス解析 

 

<html:link>タグ


<a>タグを生成する。

<html:link action="/next">
属性
  • accesskey
フォーカスを移動させるキー名を指定する。
(操作方法はブラウザに依存する。)
  • action
アクション名を指定する。(Struts-config.xmlの<action>のpath属性で指定されているパス名)
  • anchor
生成されたリンクに付与するアンカータグ(#XXXのXXX)
  • bundle
MessageResourcesオブジェクトが利用するコンテキスト属性キー。
  • foward
Struts-config.xmlの<foward>のname属性で指定されているパス名を指定する。
  • href
相対・絶対パスでリンク先を指定する。
指定したパスはそのままhref属性にて出力される。
  • indexed
フレームの上下の間隔を指定する。
  • indexId
フレームの左右の間隔を指定する。
  • linkName
複数のクエリ文字列(?param1=value&param2=value)を付加する場合、利用するBean名を指定する。
  • name
trueを指定した場合、フレームのサイズ変更が不可。
(デフォルトfalse)
  • onblur
フォーカスを失った時、呼び出されるイベントハンドラ
  • onchange
submitボタンからマウスポインタが離れたかつ、値に変更があった場合、呼び出されるイベントハンドラ
  • onclick
クリックされた場合、呼び出されるイベントハンドラ
  • ondblclick
ダブルクリックされた場合、呼び出されるイベントハンドラ
  • onfocus
フォーカスを得た時、呼び出されるイベントハンドラ
  • onkeydown
キーが押された時、呼び出されるイベントハンドラ
  • onkeypress
キーがしばらく押された時、呼び出されるイベントハンドラ
  • onkeyup
押されたキーが離された時、呼び出されるイベントハンドラ
  • onmousedown
マウスボタンが押された時、呼び出されるイベントハンドラ
  • onmousemove
マウスカーソルが移動した時、呼び出されるイベントハンドラ
  • onmouseout
マウスカーソルがオブジェクトの上から離れた時、呼び出されるイベントハンドラ
  • onmouseover
マウスカーソルがそのオブジェクトの上に乗ったとき時、呼び出されるイベントハンドラ
  • onmouseup
マウスボタンが離された時、呼び出されるイベントハンドラ
  • page
モジュールの相対パスでリンク先を指定する。
指定したパスは「コンテキスト名+page属性のパス名」となる。
  • paramId
単一のクエリ文字列(?param1=value)を付加する場合、リンク先に渡すパラメータ名を指定する。
  • paramName
単一のクエリ文字列(?param1=value)を付加する場合、利用するBean名を指定する。
  • paramProperty
単一のクエリ文字列(?param1=value)を付加する場合、利用するBeanのプロパティ名を指定する。
  • paramScope
単一のクエリ文字列(?param1=value)を付加する場合のBeanのスコープを指定する。
  • property
複数のクエリ文字列(?param1=value&param2=value)を付加する場合、利用するBeanのプロパティ名を指定する。
  • scope
複数のクエリ文字列(?param1=value&param2=value)を付加する場合のBeanのスコープを指定する。
  • scrolling
yesを指定した場合、スクロールバーを表示する。
noを指定した場合、スクロールバーを表示しない。
autoを指定した場合、必要に応じてスクロールバーが表示される。
(デフォルトauto)
  • style
CSSスタイルを指定する。
  • styleClass
CSSスタイルシートクラスを指定する。
  • styleId
識別子を指定する。
  • title
タイトルを指定する。
  • titleKey
タイトルをメッセージリソースキーから指定する。
  • transaction
yesを指定した場合、TransactionTokenが有効となる。
※html:linkを利用して定義する場合以下のいづれかの属性を選択すること。
(a)action属性
(b)href属性
(c)foward属性
(d)page属性

html変換後
<html:link>タグはリンクタグを生成する。またクエリ文字列は直接書ける。
遷移先の属性は複数存在するが、action属性を指定した場合「コンテキスト名+page属性のパス名」となる。
以下はコンテキスト名「poipoi」の場合である。
struts-config.xmlのactionエレメントよりパスを取得する。
<html:link action="/next">次へ</html:link>

(htmlコード)
<a herf="/poipoi/next.do">次へ</a>


使用例

@page属性指定
page属性を指定した場合「コンテキスト名+page属性のパス名」となる。
以下はコンテキスト名「poipoi」の場合である。

<html:link action="/next">次へ</html:link>

(htmlコード)
<a herf="/poipoi/next.do">次へ</a>



リンクについて - お問い合わせ
Copyright (c) 2006 PoiPoi-Project +Team60% All rights reserved.


JSP標準アクション
アクションタグ
クイックリンク
Strutsタグライブラリ
beanライブラリ
htmlライブラリ
logicライブラリ
nestedライブラリ
JSTLタグライブラリ
coreライブラリ
sqlライブラリ
xmlライブラリ